代表あいさつ

代表あいさつ

私たちは今、ロボット、AI、IOT、自動運転車、仮想現実などに代表されるデジタル技術革新による第4次産業革命の渦中にあります。第4次産業革命の進展は、生産、販売、消費といった経済活動に加え、健康、医療、公共サービスなど幅広い分野において、人々の働き方やライフスタイルを大きく変えていくと言われています。その潮流の中でも、石油は人々の暮らしを豊かにするという普遍的な価値を持っています。
国内需要は減少傾向にありますが、運輸・民生・電源等の幅広い燃料用途や化学製品など素材用途があるという利点があり、石油は今後とも活用すべき重要なエネルギー源であると位置づけられております。災害時には、エネルギー供給の「最後の砦」として社会的役割を果たすことに尽力し国民生活を支えています。
丸紅エネルギー・グループは商社ならではの総合力を活かし、お客様、お取引先様から信頼と支持を頂けるようパートナーシップを大切にして、石油で今日を支え、明日の可能性を切り拓き、そして新たな価値創造に努めて人々が安心して暮らしていける未来をつくる企業グループを目指して参ります。
代表取締役社長 鳥居 敬三

企業理念

丸紅グループの一員として、以下の理念を念頭においております。

丸紅は、社是「正・新・和」の精神に則り、公正明朗な企業活動を通じ、経済・社会の発展、地球環境の保全に貢献する、誇りある企業グループを目指します。